肩こりの改善対策を注目する!

肩こりとは
肩こりとは、肩から首の周辺の筋肉が引っ張られ、重苦しく感じる状態をさします。日本では男女とも肩こりに悩んでいる人が大勢います。それで、肩こりは、「日本の国民病」とも呼ばれています。肩こりの症状というと、人によってそれぞれの表現がありますけど、通常、首から背中の上部、肩や上腕に関わる筋肉の鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感などの症状がよく見られています。

肩こりになる原因
肩こりと一致する症状名は欧米ではありません。「肩こり」という表現や概念自体なく、日本独特の症状名です。肩こりになる原因というと、長時間の無理な体勢や、肥満、なで肩といった体型の問題、生活習慣、老化、ストレスなどの原因があります。具体的に言えば、長時間に同じ姿勢で首や肩周辺の筋肉に緊張が続き、疲労が生じるため、血流が悪くなり肩こりを起こしてしまいます。眼精疲労の場合、目やその周りの筋肉が緊張し、首や肩も同じように緊張することで、肩こりになります。肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になり、肩周辺の筋肉が緊張し、肩こりも起こりやすいです。更に運動不足は血行不良を招き、肩こりの発症の原因になります。

肩こりの改善対策
肩こりのそれぞれの原因によって改善対策を行うことが大切です。一般的に長時間に同じ姿勢を避けることや、規則正しい生活習慣をつけることは肩こりの予防や改善に基本的です。他には、マッサージ療法、温熱療法、運動療法、薬物療法などの改善方法がありますが、自分に一番適切な改善対策を選ぶことは重要だと考えられています。