どんな症状が現れてくる場合、肩こりになる恐れがある?

肩こりとは
肩こりとは、肩の他には、首の周辺の筋肉が緊張し、重苦しく感じる状態を指します。肩こりの原因は人によって異なっていますけど、主に長時間の同一姿勢を維持すること、肥満、生活習慣、老化、ストレスなどの原因があります。肩こりになる場合、原因を明らかにして適切な改善方法を求めることが大切です。

肩こりの症状
肩こりは厳しく言えば、病気の名称ではなく、ある症状をさします。肩こりの症状は個人差がありますが、主に痛い、重い、苦しい、だるい、張っている、ジンジンする、冷たいなどの表現があります。特にこり、張り、重だるさ、こわばり、つっぱり感、痛い感じ、違和感などの症状が現れることが多いと認められています。重い痛みを放置すると、緊張性頭痛や顔面、上肢の関連痛が併発することもあるので注意が必要です。他には、頸部全体の筋肉が緊張し、頭痛、目の奥の痛み、肩から手の痛みしびれなども起こる可能性もあります。

肩こりの対策
肩こりの対策というと、普段の生活で長時間に同じな姿勢を保つことを避ける、規則正しい生活習慣をつける、ストレスを解消することは肩こりの予防と改善にいい効果があります。他には、マッサージ療法を通して、肉の血流を改善し、筋肉の緊張をやわらげることで肩こりを緩和させることができます。ひどい症状が出る場合、鎮痛消炎剤や漢方薬などを利用することも必要です。