肩こりとは何か?

shoulder-768x512
肩こりを解消する方法|肩こりの症状

肩こりとは何か?

今や国民病ともいわれる肩こり。肩こりは、長時間同じ姿勢でいたり、ストレスを感じたりすることで、肩の血のめぐりが悪くなるために起こる症状です。タバコをすっている人、太っている人と不規則な生活をしている人は血行が悪くなり、血管を収縮する働きがあるので、気づかないうちに肩がこっている人が多いです。特に今はパソコンで仕事をする事が多く、一日中向かっている人が多くて、残業することもよくあって、夜型になってしまっている人がもストレスのせいで肩こりになります。また、梅雨の湿気や底冷えする冬の寒さなど、日本ならではの気候風土も肩こりに大きく影響しています。

「痛い」「重い」「苦しい」「だるい」「張っている」「ジンジンする」「冷たい」など、人によって、感じ方もさまざまです。血行が悪くなると、痛みの物質が生まれ、神経を刺激します。脳が不快感や痛みを感じとり、さらに筋肉が疲労します。そしてまた乳酸が溜まり、肩こりが慢性化するという悪循環に陥ってしまうのです。慢性的な肩こりは、ほぐした途端に軽くなったように感じますが、時間が経つごとにこりが徐々にぶり返します。

肩こりを解消する方法まとめ

肩こりの予防には、姿勢をよくすることがとても大切です。

「猫背」はダメだと知っていますが、普段あまり自分の姿勢を意識することはないでしょう。座っている時、首はあまり前に傾けないようにします。バッグも肩から下げるタイプのものを避けます。 そして慢性的な肩こりや痛みは、温めるのが基本です。38~40度くらいのぬるめのお湯にゆったりつかることでリラックスできます。2~3分ごとに、40~42度の熱いお湯と17~20度の水を交互にかけるのも効果的です。

運動やスポーツで、肩のまわりの筋力をつけ、頚椎、肩関節をよく動かすよう心がけましょう。水泳、バレーボール、テニス、エアロビクス、ヨガなど、全身を動かすものがおすすめです。そのほか、精神的な緊張をほぐし、ストレスを軽減することも肩こりの解消には有効です。軽いジョギングやウォーキングなど、気分転換を図りやすい運動を定期的に取り入れてみましょう。

肩の筋肉の使い過ぎが原因でなる肩こりは、ビタミンB群、中でもビタミンB1を十分にとることが改善のポイント。実際に肩こりの人にビタミン剤を与えたら症状が著しく改善したという例があります。また、ビタミンB1は糖質をエネルギーにかえ筋肉や神経に供給するため、肩こりの予防にも不足しないようにしたいものです。この他のB群、例えばたんぱく質からエネルギーを生むビタミンB6や神経のはたらきに必要なB12、ニコチン酸なども肩こり解消に貢献しています。

最後に肩こり解消されない体操をしましょう。両腕を組んで、腕の中にボールを抱えるように肘を軽く曲げた状態で手の甲を自分から遠ざけるように押し出すことで肩甲骨付近の背中の筋肉が横に引っ張られるような感覚がする動きまます。下を向くように頭を前に倒した状態から手で頭を下に向かって引っ張り、首の後ろから背中まで縦に筋肉が伸ばされるような動きをします。効果には個人差がありそうですが、きっとこの中にあなたにあったものがあるはずです。

健康情報を贈ろ:バイアグラ・レビトラ・シアリス効果徹底比较|ED治療薬解説するWiki